WANTED ¥30,000 ベル探してます。.jpg2006.04.12 大矢谷〜上野の道路で飛んでいって行方不明になりました。 見かけた方、保護されている方は御一報くださいませ。。。(TдT)

2006年03月21日

歴史に翻弄される?2

探鳥報告(・・・)と ちょっとカタめの話するとコメントこないんですよな。
まあいいや(笑)
本日も知的好奇心を満たしてみんとス(ごく個人の)ブログでござんス。
正直こんな連載になるとは 思ってなかったんですケドもな?

さて、3/18.19.20ブログの疑問を軽減したく
年表なんぞまとめてみました。
わあ 義務教育時代に聞いたオボエがある単語が イパイイ「(´д`;)ゞ
その当時にこんな興味を持ったら 頭に入り易かったろうに。。。
逆に、コンニチまでウチの頭でよみがえる日はなかったあたり、学校の勉強って結局、社会生活の役に閑話休題
稚内市役所HPサハリン情報を参考しました。

もともと サハリン島にはアイヌやニブヒら先住民族がいた。

16世紀末 松前家の蝦夷地支配。サハリンのアイヌ達と広く交易を行う
18世紀 ロシアがサハリンや千島列島に進出しはじめる
 ロシアと日本の小競り合いが激しくなり“領土問題”が表面化
 (↑オイ;アイヌの土地じゃ?)
1855年 日露和親条約調印。サハリンを日露両国の共同領有地とした
 (千島については択捉島とウルップ島との間に国境) (↑だから;アイヌは?)
1875年 “樺太・千島交換条約”によってサハリンはロシア領、千島列島全島が日本領となる
 (この際、ロシアと日本双方の住民には残留の権利を与えたが、アイヌの人たちにはその権利が与えられなかったため、彼らの多くは北海道へ強制移住をさせられた。)
 (↑!!(゚д゚;)おかしいですよカテジナさん!
1905年 日露戦争後のポーツマス条約で、
 サハリンの北緯50度以南が日本の領土“樺太”となる。

 ―以後40年 日本の統治―(・・・エー(−д−;)

1920年 ソ連のパルチザンによるニコラエフスク事件が発生し、
 日本は軍隊を派遣して北サハリンを事実上占領。“サハリン自治州”を設立
1925年 日ソ基本条約。日本は再び北緯50度以南まで撤退
1931年犬秋田犬天然記念物指定(日本犬第一号)
1934年ホネニッポノサウルス発見
1937年犬北海道犬天然記念物指定(古くからアイヌの集落などで飼われていた)

1939年 第二次世界大戦開始
1941年 日ソ中立条約調印
1945年 ソ連がヤルタ会談後に中立条約を破棄し、対日参戦
 (日本〜カラフト 船舶の就航停止)

1945年 (終戦)日ソ停戦条約
1946年 日本人の引き揚げ開始(最終・計31万人)ソ連、サハリンを合併
1951年 サンフランシスコ平和条約(→日本は戦勝で得た領土を放棄する)。
 日本のサハリンの領有権放棄

―以後、ソ連政府はサハリンを外国人立ち入り禁止区域にし、サハリンと日本との交流はほとんど途絶える―
(アイヌさんの立場は・・・;)

1956年犬稚内周辺などから集められたカラフト犬たちが、稚内公園で訓練を受ける
1959年犬南極でタロ・ジロの生存確認
1983年犬映画「南極物語」公開/撮影に使えないほど「カラフト犬」減少
1989年 サハリンの外国人立ち入り禁止区域解除
1999年 日本船籍によるサハリン定期航路再開(アインス宗谷 就航)
(ようやく日露国交正常っぽく・・・)

サハリンには他に中国や朝鮮etc.も来てたようで。
アイヌさん・樺太(サハリン)の受難の歴史にしか見えん・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン
樺太・サハリン と呼ぶのも抵抗出てきちゃったよ。

で、
カラフト犬の天然記念物指定はしづらい時期だったのか?(3/19のコメントより
A.

めちゃめちゃ日本領時代で、

他の日本犬の天然記念物指定もとっくにやってるやん。
(1931〜37年に7種/内「越の犬」は絶滅)

なんでカラフト犬だけ仲間はずれやねん。
アイヌさんを北海道に連れてきたクセに差別してないか。

カラフト(樺太)って、日本がつけた日本名なのに、
差別すんなよ。
カラフト犬が(多分、日本で)絶滅した時期も不明だし
なんか スゴイ悔しくなった。。。(T∩T
ああもうどこからツッコんでいいやら・・・

あ〜年表作り疲れた。3時間
自己満足はスッキリ(・_・)

ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題提起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです(そうでもないか…)
仕事に疲れたあとはナガさんのブログに限りますね☆

私も自己満足ブログですねえ〜
たまに予想外の記事にコメント貰うとシドロモドロ…
そうまさしく先日のナガさんのように。
想定外のこと聞かれると言葉がおかしくなりますよね。
私も「ここのドクター評判いい?」とか言われると
「えっ、と…」ってなります(アヤシイ受付)

初めから話がそれてしまった(笑)
ほかの犬は保護してたとは!
きっと時代的に難しかったんだと思ったのに。
その時考えてあげてれば、
今もフカフカが存在したのかと思うと悔しいです。
Posted by コトリ at 2006年03月25日 20:25
いつもお疲れ様です。コトリさん。
ことに このナガナガしい記事へのコメント・・・どつかれさまでした。。。

「ここのDr.評判いい?」
うっわ!!!キッツ!(((=д=;≡“д”)))ものすごい想定外ですね。
受付でそんな事を聞いてどうするんでしょう。返答によって変えるの帰るのか・・・?!
お疲れ様です。コトリさん。(二回目)

コチラのサイトでも 南極へ行ったカラフト犬と 現在のカラフト犬とは違うようだと書いてありました・・・
http://lovely.sub.jp/blog/archives/000285.php

そういや「ジロの仔8頭が 南極から北海道へ戻っていた」という記述あるサイトも見たんですが、
子孫は途中で絶えたか 混血して名残は失せてしまったんでしょう か。。。
あ〜ホントもういろいろ残念ですよ、イロイロ・・・
Posted by ナガ at 2006年03月27日 00:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/238347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2006年03月21日

歴史に翻弄される?2

探鳥報告(・・・)と ちょっとカタめの話するとコメントこないんですよな。
まあいいや(笑)
本日も知的好奇心を満たしてみんとス(ごく個人の)ブログでござんス。
正直こんな連載になるとは 思ってなかったんですケドもな?

さて、3/18.19.20ブログの疑問を軽減したく
年表なんぞまとめてみました。
わあ 義務教育時代に聞いたオボエがある単語が イパイイ「(´д`;)ゞ
その当時にこんな興味を持ったら 頭に入り易かったろうに。。。
逆に、コンニチまでウチの頭でよみがえる日はなかったあたり、学校の勉強って結局、社会生活の役に閑話休題
稚内市役所HPサハリン情報を参考しました。

もともと サハリン島にはアイヌやニブヒら先住民族がいた。

16世紀末 松前家の蝦夷地支配。サハリンのアイヌ達と広く交易を行う
18世紀 ロシアがサハリンや千島列島に進出しはじめる
 ロシアと日本の小競り合いが激しくなり“領土問題”が表面化
 (↑オイ;アイヌの土地じゃ?)
1855年 日露和親条約調印。サハリンを日露両国の共同領有地とした
 (千島については択捉島とウルップ島との間に国境) (↑だから;アイヌは?)
1875年 “樺太・千島交換条約”によってサハリンはロシア領、千島列島全島が日本領となる
 (この際、ロシアと日本双方の住民には残留の権利を与えたが、アイヌの人たちにはその権利が与えられなかったため、彼らの多くは北海道へ強制移住をさせられた。)
 (↑!!(゚д゚;)おかしいですよカテジナさん!
1905年 日露戦争後のポーツマス条約で、
 サハリンの北緯50度以南が日本の領土“樺太”となる。

 ―以後40年 日本の統治―(・・・エー(−д−;)

1920年 ソ連のパルチザンによるニコラエフスク事件が発生し、
 日本は軍隊を派遣して北サハリンを事実上占領。“サハリン自治州”を設立
1925年 日ソ基本条約。日本は再び北緯50度以南まで撤退
1931年犬秋田犬天然記念物指定(日本犬第一号)
1934年ホネニッポノサウルス発見
1937年犬北海道犬天然記念物指定(古くからアイヌの集落などで飼われていた)

1939年 第二次世界大戦開始
1941年 日ソ中立条約調印
1945年 ソ連がヤルタ会談後に中立条約を破棄し、対日参戦
 (日本〜カラフト 船舶の就航停止)

1945年 (終戦)日ソ停戦条約
1946年 日本人の引き揚げ開始(最終・計31万人)ソ連、サハリンを合併
1951年 サンフランシスコ平和条約(→日本は戦勝で得た領土を放棄する)。
 日本のサハリンの領有権放棄

―以後、ソ連政府はサハリンを外国人立ち入り禁止区域にし、サハリンと日本との交流はほとんど途絶える―
(アイヌさんの立場は・・・;)

1956年犬稚内周辺などから集められたカラフト犬たちが、稚内公園で訓練を受ける
1959年犬南極でタロ・ジロの生存確認
1983年犬映画「南極物語」公開/撮影に使えないほど「カラフト犬」減少
1989年 サハリンの外国人立ち入り禁止区域解除
1999年 日本船籍によるサハリン定期航路再開(アインス宗谷 就航)
(ようやく日露国交正常っぽく・・・)

サハリンには他に中国や朝鮮etc.も来てたようで。
アイヌさん・樺太(サハリン)の受難の歴史にしか見えん・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン
樺太・サハリン と呼ぶのも抵抗出てきちゃったよ。

で、
カラフト犬の天然記念物指定はしづらい時期だったのか?(3/19のコメントより
A.

めちゃめちゃ日本領時代で、

他の日本犬の天然記念物指定もとっくにやってるやん。
(1931〜37年に7種/内「越の犬」は絶滅)

なんでカラフト犬だけ仲間はずれやねん。
アイヌさんを北海道に連れてきたクセに差別してないか。

カラフト(樺太)って、日本がつけた日本名なのに、
差別すんなよ。
カラフト犬が(多分、日本で)絶滅した時期も不明だし
なんか スゴイ悔しくなった。。。(T∩T
ああもうどこからツッコんでいいやら・・・

あ〜年表作り疲れた。3時間
自己満足はスッキリ(・_・)

ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題提起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです(そうでもないか…)
仕事に疲れたあとはナガさんのブログに限りますね☆

私も自己満足ブログですねえ〜
たまに予想外の記事にコメント貰うとシドロモドロ…
そうまさしく先日のナガさんのように。
想定外のこと聞かれると言葉がおかしくなりますよね。
私も「ここのドクター評判いい?」とか言われると
「えっ、と…」ってなります(アヤシイ受付)

初めから話がそれてしまった(笑)
ほかの犬は保護してたとは!
きっと時代的に難しかったんだと思ったのに。
その時考えてあげてれば、
今もフカフカが存在したのかと思うと悔しいです。
Posted by コトリ at 2006年03月25日 20:25
いつもお疲れ様です。コトリさん。
ことに このナガナガしい記事へのコメント・・・どつかれさまでした。。。

「ここのDr.評判いい?」
うっわ!!!キッツ!(((=д=;≡“д”)))ものすごい想定外ですね。
受付でそんな事を聞いてどうするんでしょう。返答によって変えるの帰るのか・・・?!
お疲れ様です。コトリさん。(二回目)

コチラのサイトでも 南極へ行ったカラフト犬と 現在のカラフト犬とは違うようだと書いてありました・・・
http://lovely.sub.jp/blog/archives/000285.php

そういや「ジロの仔8頭が 南極から北海道へ戻っていた」という記述あるサイトも見たんですが、
子孫は途中で絶えたか 混血して名残は失せてしまったんでしょう か。。。
あ〜ホントもういろいろ残念ですよ、イロイロ・・・
Posted by ナガ at 2006年03月27日 00:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/238347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック