WANTED ¥30,000 ベル探してます。.jpg2006.04.12 大矢谷〜上野の道路で飛んでいって行方不明になりました。 見かけた方、保護されている方は御一報くださいませ。。。(TдT)

2006年01月20日

鳥インフルエンザ

探鳥報告記事を続けすぎて、連載を終えたら
・・・・・・はて、ネタが浮かばない事態に。'`,、 (´∀`;) '`,、

1/7に鳥インフルエンザについて ちこっと書いてみました。
どうなんですかね、
鳥にとって 罹ったら最後、必ず死ぬ病気なんでしょうか・・・
全殺処分でも損害は大きいでしょうが、
治すのも 金がかかる・時間がかかる・手間がかかる
治っても 出荷できない(食の安全と 風評の両面から)。。。
鳥を治そうという動きが先ずなさそう(´д`;)

しかし、メディアの騒ぎだけ聞いてて、
元ネタの「鳥インフルエンザ」とは 何ぞやか
丁度 Newton2月号で記事が載っていたので 買ってみました。

「鳥インフルエンザ」とは、1種類の病原菌名でなく
人間のと同様に イロイロな型があるんですな。
健康な鳥なら 罹患しても発症しないし
体力や抵抗力があれば 重症にならず治る と。
問題なのが H5N1鳥インフルエンザウイルス
鳥類(と哺乳類にも)感染する。
(ヒトの致死率51.1%)


『鳥』とつくからって 鳥への名誉毀損になるんじゃないか!?
人間が過剰反応しすぎなんだよ〜
などとタカくくって 調べてみたら
相当ヤバイと判明 _| ̄|○ガビン
なんかもう 症状がインフルエンザの域を超えているらしい。
今のところ、『鳥』って付くだけに
ヒトには感染しにくいらしいですが、
感染しやすい形に ウイルスが変異すると
強毒性新型インフルエンザ と呼ばれるようになる と。
へ〜 こうなると流石に『鳥』は取れるんですな。

それに対するワクチンは もう少しで実用段階なんですってε=(^。^)ヤレヤレ
って、ワクチン作りには ニワトリの大量の受精卵が必要 と。
(−д−;)結局 そうなんですね・・・

鳥からかかる病気を防ぐ為に
鳥をボリボリ殺して
鳥の卵を道具にするんですね。

なんかもう やだなぁ(つへ`。)。
早くあったかくならないかな・・・。

でも、フツーにまともに飼ってれば
鳥と適切な接し方をしていれば、
フツーのインフルエンザと同じ予防法でいいんですし。
鳥に対して 根本的な扱いを改めよ ってハナシ。
密閉空間で大量ギチギチ飼いするな とか。イロイロ

ま、
鳥のでも ヒトのでも
インフルエンザに負けない丈夫な体を作っときましょう。(が、ガンバレ ウチ。)

ニックネーム ナガ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題提起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過剰反応は良くないですが、やはり大変気になるところですね。

正確な情報の収集に努めたいところです。
Posted by マルケン at 2006年01月22日 17:53
コメントありがとうございます。
そうですね・・・
過剰反応もして欲しくないし
かといって 無知でなめてかかってもヤバイし。。。
自分で分かるように勉強していくのが 一番良いんでしょうね。多分。
Posted by ナガ at 2006年01月25日 00:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/172089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2006年01月20日

鳥インフルエンザ

探鳥報告記事を続けすぎて、連載を終えたら
・・・・・・はて、ネタが浮かばない事態に。'`,、 (´∀`;) '`,、

1/7に鳥インフルエンザについて ちこっと書いてみました。
どうなんですかね、
鳥にとって 罹ったら最後、必ず死ぬ病気なんでしょうか・・・
全殺処分でも損害は大きいでしょうが、
治すのも 金がかかる・時間がかかる・手間がかかる
治っても 出荷できない(食の安全と 風評の両面から)。。。
鳥を治そうという動きが先ずなさそう(´д`;)

しかし、メディアの騒ぎだけ聞いてて、
元ネタの「鳥インフルエンザ」とは 何ぞやか
丁度 Newton2月号で記事が載っていたので 買ってみました。

「鳥インフルエンザ」とは、1種類の病原菌名でなく
人間のと同様に イロイロな型があるんですな。
健康な鳥なら 罹患しても発症しないし
体力や抵抗力があれば 重症にならず治る と。
問題なのが H5N1鳥インフルエンザウイルス
鳥類(と哺乳類にも)感染する。
(ヒトの致死率51.1%)


『鳥』とつくからって 鳥への名誉毀損になるんじゃないか!?
人間が過剰反応しすぎなんだよ〜
などとタカくくって 調べてみたら
相当ヤバイと判明 _| ̄|○ガビン
なんかもう 症状がインフルエンザの域を超えているらしい。
今のところ、『鳥』って付くだけに
ヒトには感染しにくいらしいですが、
感染しやすい形に ウイルスが変異すると
強毒性新型インフルエンザ と呼ばれるようになる と。
へ〜 こうなると流石に『鳥』は取れるんですな。

それに対するワクチンは もう少しで実用段階なんですってε=(^。^)ヤレヤレ
って、ワクチン作りには ニワトリの大量の受精卵が必要 と。
(−д−;)結局 そうなんですね・・・

鳥からかかる病気を防ぐ為に
鳥をボリボリ殺して
鳥の卵を道具にするんですね。

なんかもう やだなぁ(つへ`。)。
早くあったかくならないかな・・・。

でも、フツーにまともに飼ってれば
鳥と適切な接し方をしていれば、
フツーのインフルエンザと同じ予防法でいいんですし。
鳥に対して 根本的な扱いを改めよ ってハナシ。
密閉空間で大量ギチギチ飼いするな とか。イロイロ

ま、
鳥のでも ヒトのでも
インフルエンザに負けない丈夫な体を作っときましょう。(が、ガンバレ ウチ。)

ニックネーム ナガ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 問題提起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過剰反応は良くないですが、やはり大変気になるところですね。

正確な情報の収集に努めたいところです。
Posted by マルケン at 2006年01月22日 17:53
コメントありがとうございます。
そうですね・・・
過剰反応もして欲しくないし
かといって 無知でなめてかかってもヤバイし。。。
自分で分かるように勉強していくのが 一番良いんでしょうね。多分。
Posted by ナガ at 2006年01月25日 00:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/172089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック